Latest News JACET関西支部からの最新のお知らせです。2012年以前の過去ページはこちらから。

lecture 2016年度 JACET関西支部春季大会のお知らせ

2016年度関西支部春季大会は、6月25日(土)に京都ノートルダム女子大学にて開催されます。春季大会では、会員の研究発表に加えて、招待講演、企画ワークショップ、特別企画も予定しております。皆様、是非とも奮ってご参加ください。

  • 日時 : 2016年 6 月 25 日(土)
  • 場所 : 京都ノートルダム女子大学
  • 基調講演「アクティブラーニング研究最前線;アクティブラーニングの意義と課題-主体性x深い学びx汎用的能力ー」
  • 講師:山田 剛史先生(京都大学)
  • シンポジウム(1)「リメディアル教育におけるアクティブラーニングー大学生の学びを再考するー」
  • 講師:村上 裕美先生(関西外国語大学短期大学部)、
  • シンポジウム(2)「英語の反転授業でできること」
  • 講師:中西 洋介先生(近畿大学付属高等学校)、
  • シンポジウム(3)「Making Brains Active with Stories」
  • 講師:カーティス ケリー先生(関西大学)、
  • 特別講演「JACET関西支部への期待」
  • 講師:多田 稔先生(顧問、元支部長)
  • 聞き手:大谷 泰照先生(顧問、元支部長)
  • 参加費:JACET会員は無料、非会員は1,000円

  • <春季大会懇親会 事前申込のお願い>
  • ◆◆事前申込みの上、当日支払いでございます◆◆
  • 日時時間: 6月25日(土) 18:20-19:30
  • 場所: 東華菜館 洛北店
  • 懇親会の事前申込を御希望の方は、
  • 1)氏名 2)所属
  • を明記のうえ,必ず下記メールアドレスまでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。(締切 6月17日(金)
  • 申込先: masuda41@cc.kyoto-su.ac.jp 「JACET関西支部懇親会受付係(担当増田)」
  • 懇親会費:5,000円(大会当日に受付でお支払いいただきます)なお当日申込の場合は、懇親会費が6,000円となりますのでご注意ください。

プログラム (Program)

概要 (Abstracts)

フライヤー (Flyer)

The 2016 Spring Conference of the JACET Kansai Chapter will be held on Saturday, June 25th at Kyoto Notre Dame University. The features are presentations, keynote lecture, symposia and special talk on various areas of English Education.

  • - Keynote Lecture
  • “Significance and CHallenges of Active Learning: Self-directed Learning, Deep Learning, and Generic Skills”
  • Lecturer: YAMADA, Tsuyoshi(Kyoto University)
  • - Symposium (1)
  • “Active Learning for Remedial Education: Reconsideration of Learning in Higher Education”
  • Lecturer: MURAKAMI, Hiromi(Kansai Gaidai College)
  • - Symposium (2)
  • “Flipping English Class: What can be done?”
  • Lecturer: NAKANISHI, Yosuke(Kindai University High School)
  • - Symposium (3)
  • “Making Brains Active with Stories”
  • Lecturer: KELLY, Curtis(Kansai University)
  • - Special Talk
  • “Expected Roles of JACET Kansai Chapter”
  • Guest Speaker: TADA, Minoru(JACET Adviser/ Former Chapter President)
  • Host: OTANI Yasuteru(JACET Adviser/ Former Chapter President)

Reserve a place by sending an email message entitled [JACET Kansai Conference Party Reservation] with your name and affiliation to masuda41@cc.kyoto-su.ac.jp by June17. Pay the 5,000 yen fee on site. Payment at the door without reservation: 6,000 yen. Looking forward to seeing you all there.

lecture 2016年度 第1回支部講演会のお知らせ

2016年7月9日に開催される第 1 回支部講演会は、例年の招待講演に代わり、科学英語教育研究会および授業学(関西)研究会による講演となります。皆様のご参加をお待ちしております。

  • 日 時 : 2016年 7 月 9 日(土)15:30~17:00
  • 場 所 : 神戸国際会館 805室
  • 神戸国際会館 交通アクセス JR「三ノ宮」駅、阪急・阪神「神戸三宮」駅下車。徒歩5分程度。http://www.kih.co.jp/access/
  • プログラム:
  • (第一部)科学英語教育研究会
  • 「科学英語ー大学院教育の視座から」"English for Science at the Graduate School Level"
  • 野口ジュディー津多江先生(神戸学院大学)
  • 尾鍋智子先生(大阪大学)
  • 概要:グローバル化の進んでいる現在、科学界で知識 構築に貢献し、政治経済界で国際基準設定に参加する には、技術力だけでなく、言語力も不可欠です。しか も、プロフェショナルとしての読み書きの力はもちろ ん、本格的に意見交換、交渉、説得するにはリスニン グ力とスピーキング力も必要です。このような高いレ ベルの英語力をどのように取得するか、また、様々な World EnglishesやELF(English as a Lingua Franca)の 存在している中、具体的になにを目標として定めれば よいのか答えを探すことが科学英語教育研究会の大 きなミッションといえましょう。そのためフォーカス を理系大学院教育にあて、そこで特に必要とされる高 度でかつ、発信型のEAP(PBLやライティング、プレ ゼンテーションなど)教育を現在の研究課題としてい ます。当研究会はこれら問題意識を共有する有志が昨 年6月より活動をはじめました。前半にミッションに ついて、後半は具体的活動について報告いたします。
  • (第二部)授業学(関西)研究会
  • 「授業学とは」"Exploring Classology"
  • 村上裕美先生(関西外国語大学短期大学部)
  • 概要:授業学(関西)研究会では、大学英語教育にお ける授業の種々の要因を授業学として大系的に捉え る研究を行っている。授業は教員と学習者により成立 するが、その授業の背景には教員の能力および資質、 カリキュラム、各大学における英語教育の位置付けな ども関与しており体系化の範疇は広域に及ぶ。 授業研究には教員の内省という印象が強いが、学習 者の学びという視点を除外することはできず、学びを 効果的にかつ深い学びに誘うための種々の教授法や 学習の振り返りとしてポートフォリオなども本研究 の範疇に入る。国内外において優れた授業研究や授業 力育成の研究がおこなわれている。本研究会において 個々の研究者が集い、授業学として集約することによ り日本の大学英語教育における「授業学」の確立を目 指している。 本講演では、研究目的を具体的に紹介し、その目的 のもと発足以来2 年目を迎える授業学(関西)の研究 活動と今後のビジョンについて考察する。
  • 参加費 : JACET 会員は無料、非会員は 500 円
  • 使用言語 : 日本語(質疑応答時は英語、日本語可)
  • 懇親会:講演会後に茶話会(ノンアルコール、参加費500円、1時間程度)  詳細は関西支部HPをご覧ください。
  • フライヤー (Flyer)

    The First Chapter Lecture of the 2016 Academic Year JACET Kansai Chapter will hold the First Lecture Meeting of this academic year as follows: 1. Date: July 9 (Sat), 2016, 15:30–17:00 2. Venue: Kobe Kokusai-Kaikan (Kobe International House) Meeting Room 805 Access: http://www.kih.co.jp/access/ 3. Speakers & Titles: [Session 1] English for Japanese Scientists SIG ; Ms. Judy Tsutae Noguchi, Kobe Gakuin University, Ms. Tomoko Onabe, Osaka University Title: English for Science at the Graduate School Level Abstract: With the rapidly advancing globalization of today, language ability is essential to enable academics to participate in the construction of specialist knowledge as well as in the setting of international standards. This encompasses the ability to perform at a professional level, not only in reading and writing, but also in speaking and listening in order to be able to actively participate in discussions and negotiations. However, with various types of World Englishes and ELF (English as a Lingua Franca) in existence today, we need to be able to better identify the learning targets to guide our teaching. This is the mission of the JACET SIG on English for Japanese Scientists, which focuses on the needs of graduate school students in science and engineering fields. This SIG aims to develop and share EAP methods for actively transmitting information, such as PBL and ways to teach advanced writing and presentation skills. The first part of this presentation will be on the concepts underlying our mission and the second half on our activities since June 2015. [Session 2] Developmental Education Kansai Chapter SIG; Ms. Hiromi Murakami, Kansai Gaidai College Title: Exploring Classology Abstract: Our research aims to construct an English classology system for Japanese higher education. The term is still completely unfamiliar to Japanese educators, but we believe that the classology system will be a great help for every educator to improve their teaching skills and to understand learners. Earlier domestic studies for improving teaching skills provide various tips for better teaching. Although each of these research projects offers some insights and benefits, this information is not systematically organized for practical use. In this presentation, I am going to overview categories of classology to understand its definition. I will then explain about our activities of 2015 and our vision for the future. 4. Fee: JACET member, free; nonmember, ¥500. No need to pre-register 5. Main language for presentation: Japanese, but Q&A can be in Japanese or English. 6. Party: Please join us for about one-hour tea party with light snacks after the lectures. The fee is ¥500. Details available at the JACET Kansai Chapter website (http://www.jacet-kansai.org).

    lecture 2016年度JACET関西支部春季大会 発表募集のご案内(募集は締め切りました)

    この大会での発表をご希望の方は、次の要領で下記2016年度JACET関西支部春季大会発表申込フォームよりご応募ください。教員だけでなく、大学院生の会員による応募も歓迎いたします。会員の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

      1. 日時 : 2016年 6月 25 日(土)(募集は締め切りました)
      2. 場所 : 京都ノートルダム女子大学
      3. 応募期限: 2016年4月17日(日)午後11時59分

      2016年度JACET関西支部春季大会発表申込フォーム

      発表は、英語教育および関連分野に関する内容で、未発表のものに限ります。また、発表者は、共同研究者も含めて、申込時にJACETの会員である必要があります。発表言語は、日本語または英語です。

      発表種別・時間に関しては、以下の通りです。

      1. ワークショップ:発表者は1名~数名。参加者によるタスク活動を含む。90分。
      2. コロキアム:発表者は数名。特定のテーマについての議論を行う。90分。
      3. 研究発表:理論的、実証的な研究成果に関する発表を行う。30分(発表20分+質疑10分)。
      4. 実践報告:授業実践やカリキュラム改革に関する発表を行う。30分(発表20分+質疑10分)。
      5. ポスター発表:研究・実践内容について発表し、参加者と自由に議論を行う。コアタイム60分。

      応募は2月15日(月)よりWEBフォームから可能となります。随時、JACET関西支部ホームページ上に関連情報を掲載しますので、ご確認ください。また、応募に際しては以下の情報が必要となりますので、予めご準備ください。

      1. A)応募情報
      2. a) 発表形式:ワークショップ、コロキアム、研究発表、実践報告、ポスター発表の別
      3. b) 発表題目(日本語および英語)
      4. c) 発表者情報(共同発表者は氏名と所属のみ):氏名(漢字とローマ字)、所属(日本語と英語)、E-mailアドレス
      5. d) 発表に使用する言語(日本語もしくは英語)
      6. e) 使用希望機器(無い場合は「なし」を選択)

      1. B)発表要旨
      2. a) 内容:「研究発表」の場合は、目的、仮説(リサーチクエスチョン)、研究方法、結果、考察を、「実践報告」の場合は、背景、具体的内容、実践結果に対する考察を簡潔に明記ください。「ワークショップ」「コロキアム」は目的、対象、手法を詳しく明記してください。いずれの場合も引用文献リストは要旨に含めません。
      3. b) 分量:日本語の場合は 350字~400字、英語の場合は 200~250 wordsとし、要旨末尾に字数ないし語数を丸カッコ書きで明記することとします。
      4. c) その他:母語以外の言語で要旨を作成する場合は、あらかじめネイティブチェックを受けた上で提出して下さい。

      応募の期限は、2016年4月17日(日)午後11時59分 です。

      審査は、JACET関西支部研究企画委員会にて行います。また、審査結果は、締切り後2週間程度で E-mail にて通知します。またフィードバックを必要に応じて行います。

      審査結果の通知後の辞退は原則としてできません。

      The 2016 Spring Conference of the JACET Kansai Chapter will be held at Kyoto Notre Dame University on Saturday, June 25th. JACET members are now invited to present proposals for research papers, practical reports, poster sessions, workshops, and colloquia. Please fill in the application form, which will be available on February 15th, and send it to us no later than 23:59:59 on April 17th, 2016.

      The 2016 Spring Conference of the JACET Kansai Chapter Application form

  1. A)Application form:
  2. a) Type of proposal (research paper, practical report, poster session, workshop, or colloquium)
  3. b) Title of proposal (English and Japanese)
  4. c) Information about applicant(s): name, affiliation, e-mail addres s
  5. d) Language for presentation (English or Japanese)
  6. e) Equipment required

  1. B)Abstract:
  2. a) Describe the purpose of the research, research question(s), research method(s), results and discussion. For a practical report, give the background of the report, details, conclusion, and other relevant information. Do not include references in the abstract.。
  3. b) Should be 200-250 words if in English or 350-400 characters if in Japanese. Give word count in parentheses at end of abstract.
  4. c) If not a native speaker of the language used, have a native speaker check the abstract before submission.

Submission deadline: 11:59 pm, April 17th, 2016.

The proposals will be peer-reviewed by the Research Planning Committee.

Cancellation after the acceptance of the presentation is not permitted in principle.

lecture 2015年度JACET関西支部秋季大会+英語教育セミナーが開催されました。

2015年度JACET関西支部秋季大会+英語教育セミナーが,2015年11月28日(土)に神戸学院大学 ポートアイランドキャンパスにて開催されました。 関西支部秋季大会では,大会の活性化を目指し学生会員も含めた多くの皆様からのご発表を募集したところ,14件の実に多彩かつ,興味深いご発表がいただけました。企画ワークショップでは柏原 郁子先生(大阪電気通信大学)にお話をいただき、午後からは、中田 賀之先生(同志社大学)、新多 了先生(名古屋学院大学)、竹内 理先生(関西大学)、小笠原 良浩先生(兵庫県立姫路西高等学校)によるシンポジウム「動機づけ研究最前線:実践との対話を目指して」が行われました。 英語教育セミナーでは、12件の賛助会員プレゼンテーションが行われ、シンポジウムでは岩見 理華先生(神戸大学附属中等教育学校)、羽藤 由美先生(京都工芸繊維大学)、山中 司先生(立命館大学)から「中高大グローバル教育最前線:SGH/SGU校の取り組み」についてのお話をいただきました。 参加者総数は,関西支部秋季大会と英語教育セミナー合わせて210名となり,盛況な大会となりましたことをご報告いたします。

<秋季大会 企画ワークショップ>「学習者の意欲と動機を引き出す大学英語授業:ベストティーチャーに学ぶ授業運営」柏原 郁子先生 (大阪電気通信大学 )

大阪電気通信大学で開講されている「英語リーディング」でベストティーチャーズ賞を受賞した柏原郁子先生が、実際の授業の模様を報告した。英語に対する学生の苦手意識は、語彙・読解力・聴解力・読解スピード力の不足が原因であり、この授業ではそれを克服する手段を見つけて自立した学習者となることを目的としている。全ての授業でCALL教室を使用しているが、パソコンを使用した授業であれば学んだ内容に自宅でも再び触れることができることが、その理由のひとつとして挙げられた。英語教育改革の一環で必要なソフトウェアを導入し適宜アップデートも行っている。学生の意欲と動機を引き出す授業運営の勘所として、まず授業上のルール(教科書忘れ・課題未提出・授業と無関係なHPへのアクセスなどへの減点、遅刻は欠席とみなす等)を1回目の授業で周知徹底させていることが示された。その上で、PowerWords(アルク)やリーディングシャワーをはじめとするさまざまな活動に取り組ませる際にはそれぞれの学生に個別の目標を設定させた上で、学生の記録表に柏原先生がスタンプを押すことによって学習履歴を「見える化」して進捗を明らかにし、初回と最終回の授業で成長の度合いを確認していることも紹介された。そして最後に、これからの英語の授業では、1)SNSが発達した今、教科書が変わる、2)学習履歴の「見える化」と「見てます化」が容易になる、3)個別コーチングによるフィードバックが必要である、という3点が提言されてこのワークショップは締めくくられた。 報告者:金井 啓子(近畿大学)

<秋季大会 シンポジウム>「動機づけ研究最前線:実践との対話を目指して」 講師:中田 賀之先生(同志社大学) 新多 了先生(名古屋学院大学) 竹内 理先生(関西大学) 指定討論者: 小笠原 良浩先生(兵庫県立姫路西高等学校)

今回のシンポジウムでは、言語学習において重要な動機づけがテーマであり、100名を超える聴衆にご参加頂けたことからも、関心の高さがうかがえた。 まず、中田先生より、「外国語学習における動機づけ研究:これまでの成果と今後の展望」と題して、目的や対象、手法などの様々な観点を挙げながら、動機づけ研究の多面性についてご説明頂いた。また、自己調整学習(self-regulated learning)のサイクルを阻害しないためには、教師の足場がけやそこから転移した学習者同士の足場がけ、先延ばし行動への気づきなどが効果的であるとするご自身の研究成果(Nakata, 2015b, 2015d)についてご紹介頂いた。Brophy(2004)が提唱するように、言語教育者が挑戦すべきことは、学習経験を意味のあるものにすることという中田先生のお言葉に感銘と内省を深くするとともに、研究と実践の連携の重要性を再認識した。 次に、新多先生には、「生徒たちの動機づけを維持するためには?:複雑系理論からのアプローチ」と題して、複雑系理論(complex dynamic systems theory)の観点から、動機づけは自己と環境の様々な要因が影響し合い、時間の経過とともに変化する動的なものであることをご説明頂いた(Nitta & Baba, 2014, 2015)。個人やタスク、時間の経過などによる学習意欲の変化やその要因は、プレ/ポストテストの分析だけでは把握できず、現場主義のアプローチによってしか解明できないと言及頂いた。新多先生のお話から、動機づけは日々の学習者の観察や指導の経験によって解明されるものであり、まさに研究と実践の対話が必要とされる分野であることを痛感した。 最後に、竹内先生からは、「英語学習の動機を高め、維持するには:動機づけ要因と動機づけ方略」と題して、授業外学習の動機づけの要因(motivational influence, MI)と、動機づけを引き出し、維持する取り組み(motivational strategy,MS)についてご紹介頂いた。ご自身の研究成果(Sugita & Takeuchi, 2010, 2014)に基づき、教員からの評価や宿題・テストなどの教室由来のMIが、授業外学習の動機づけに影響していること、MIは変化するものであり、学習者の能力などによっても影響が異なってくることについてご説明頂いた。また、教師によるMSは動機づけに貢献するが、MSを行う際には学習者の英語力、最初の動機の強さ、タイミングなどを考慮する必要があることについて言及頂いた。なお、教材開発を研究対象とする報告者は、教材が動機づけに与える影響は少ないという結果に気落ちしたが、竹内先生より教材をいかに利用するかが大切、という素敵なフォローを頂き、安心した次第である。 指定討論者の小笠原先生からは、「どうして英語を学習しなくてはいけないのか、という学習者に対しどう動機づけしたらよいのか?」「英語で授業をやると学習意欲が下がるがどうしたらよいのか?」という現場の先生としての本質的な質問を頂き、講演者からは英語を使っての成功体験が必要などの回答を頂いた。フロアからは時間内に対応できないぐらいの多くの質問が寄せられた。多くの貴重な情報に溢れ、動機づけ研究にひたった刺激的な1時間半であった。 報告者:高橋幸(京都大学)

<英語教育セミナー シンポジウム>「中高大グローバル教育最前線:SGH/SGU校の取り組み」講師:岩見 理華先生(神戸大学附属中等教育学校) 羽藤 由美先生(京都工芸繊維大学) 山中 司先生(立命館大学)

本セミナーでは、まず岩見先生より、SGHの指定を受けた神戸大附属中等教育学校の取り組みが紹介された。同校では、(1)課題研究を柱としたSGH、(2)ESDを軸としたユネスコスクール、(3)地歴の新科目開発の研究開発に取り組んでおり、これらは密接に関連しており、英語教育の高度化にとって重要な視点を提示している。中教審答申等で示されている教育の方向性から考えた場合、技能の定着に加え思考力や実践的能力の涵養は重要課題であるとし、本発表では、とくに課題研究やESDの推進が英語教育に果たす役割についての詳細な報告があった。羽藤先生の発表では、大学院入試にスピーキングテストを導入した京都工芸繊維大の取り組みが紹介された。スピーキングテストの採点に関わる審査基準の統一問題や、機器の管理運営、採点に要する時間など、当事者ならではのエピソードがビビッドに多数織り込まれており、聴衆の共感を得た。山中先生の発表では、立命館大学が掲げるグローバル化の施策をケースとして取り上げ、SGUにおいて宣言した数値目標達成に向けての取り組みと直面する課題についての現状報告が行われた。立命館大学生命科学部、薬学部、スポーツ健康科学部で実施し、2016年度から新設される総合心理学部において実施予定の「プロジェクト発信型英語プログラム」の成果について紹介された。また、大学における英語教員としての立ち位置の特異性について言及があり、SGUであるかどうかを問わず、チャレンジングな状況は同じなのだな、明日からまたがんばろうと共感することができた。 報告者:加藤 雅之(神戸大学)

The JACET Kansai Chapter Fall Conference and JACET English Education Seminar were held on November 28th at the Port Island Campus, Kobe Gakuin University, with 210 participants attending presentations, workshop and symposia in various areas of English education. A workshop was held by KASHIWABARA, Ikuko (Osaka Electro-Communication University). A symposium at The JACET Kansai Chapter Fall Conference was presented by NAKATA, Yoshiyuki(Doshisha University), NITTA, Ryo(Nagoya Gakuin University), TAKEUCHI, Osamu(Kansai University), with a designated commentator: OGASAHARA, Yoshihiro(Himeji Nishi High School, Hyogo) under the title "State of the Art in Language Learning Motivation Studies: Towards a Dialogue with Practice". The final event of the day was a symposium of JACET English Seminar delivered by IWAMI, Rika(Kobe University Secondary School), HATO, Yumi(Kyoto Institute of Technology), YAMANAKA, Tsukasa(Ritsumeikan University)under the title "Global Education Reform at Schools and Colleges".

lecture 2015年度 JACET関西支部秋季大会+英語教育セミナーのお知らせ (事前参加申込み不要)

2015年度関西支部秋季大会およびJACET英語教育セミナーを11月28日(土)に神戸学院大学ポートアイランドキャンパスにて開催いたします。皆様、是非とも奮ってご参加ください。

  • 日時 : 2015年 11 月 28 日(土)
  • 場所 : 神戸学院大学 ポートアイランドキャンパス D号館 ポートアイランドキャンパス交通アクセス
  • (秋季大会)企画ワークショップ「学習者の意欲と動機を引き出す大学英語授業:ベストティーチャーに学ぶ授業運営」
  • 講師:柏原 郁子先生 (大阪電気通信大学)
  • (秋季大会)シンポジウム「動機づけ研究最前線:実践との対話を目指して」
  • 講師:中田 賀之先生(同志社大学) 新多 了先生(名古屋学院大学) 竹内 理先生(関西大学) 指定討論者: 小笠原 良浩先生(兵庫県立姫路西高等学校)
  • (英語教育セミナー)シンポジウム「中高大グローバル教育最前線:SGH/SGU校の取り組み」
  • 講師:岩見 理華先生(神戸大学附属中等教育学校) 羽藤 由美先生(京都工芸繊維大学) 山中 司先生(立命館大学)
  • 参加費:(秋季大会)JACET会員は無料、非会員は1,000円 ※英語教育セミナーはJACET会員以外でも無料で参加可能です。
  • 支部大会,セミナーとも,事前参加申し込みは不要です。
  • その他、研究発表、実践報告、コロキアム、賛助会員発表なども多数行われる予定です。秋季大会・英語教育セミナーの詳細やプログラムにつきましては、以下をご覧ください。
  • プログラム (Program)

    概要 (Abstracts)

    フライヤー (Flyer)

  • <秋季大会懇親会 事前申込のお願い>
  • ◆◆事前申込みの上、当日支払いでございます◆◆
  • 日時時間: 11月28日(土) 18:00-19:30
  • 場所: 神戸学院大学 ポートアイランドキャンパス内 クルーズ・カフェ
  • 懇親会の事前申込を御希望の方は、
  • 1)氏名 2)所属
  • を明記のうえ,必ず下記メールアドレスまでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。(締切 11月23日(月)21:00まで延長になりました。)
  • 申込先: hiromim@kansaigaidai.ac.jp 「JACET関西支部懇親会事前申込受付係(担当村上)」
  • 懇親会費:4,000円(大会当日に受付でお支払いいただきます)なお当日申込の場合は、懇親会費が6,000円となりますのでご注意ください。

The 2015 Fall Conference of the JACET Kansai Chapter will be held on Saturday, November 28th at the Port Island Campus, Kobe Gakuin University, featuring presentations, workshop and symposia in various areas of English education.

  • Kansai Chapter Fall Conference
  • - (Kansai Chapter Fall Conference) Workshop
  • “Teaching Methods for Motivating Students in University English Course: Tips from an Education Award Winner on Classroom Management”
  • Lecturer: KASHIWABARA, Ikuko (Osaka Electro-Communication University)
  • - Symposium
  • “State of the Art in Language Learning Motivation Studies: Towards a Dialogue with Practice”
  • Lecturer: NAKATA, Yoshiyuki(Doshisha University
  • Lecturer: NITTA, Ryo(Nagoya Gakuin University)
  • Lecturer: TAKEUCHI, Osamu(Kansai University)
  • Designated commentator: OGASAHARA, Yoshihiro(Himeji Nishi High School, Hyogo)
  • JACET English Education Seminar
  • - Symposium
  • “Global Education Reform at Schools and Colleges”
  • Lecturer: IWAMI, Rika(Kobe University Secondary School)
  • Lecturer: HATO, Yumi(Kyoto Institute of Technology)
  • Lecturer: YAMANAKA, Tsukasa(Ritsumeikan University)

Reserve a place by sending an email message entitled [JACET Kansai Conference Party Reservation] with your name and affiliation to hiromim@kansaigaidai.ac.jp by November 23 21:00. Pay the 4,000 yen fee on site. Payment at the door without reservation: 6,000 yen. Looking forward to seeing you all there.

article NL73号完成のお知らせ

ニューズレター73号が完成いたしました。ぜひご一読ください。

Please have a read through the newsletter #73.

73号 / #73

Read more →

年間行事予定 / Event Calendar

下記は,行事案につき,今後,日程・内容などの変更の可能性があります.

日付 / Date 行事 / Event
2017年3月31日 JACET Kansai Journal『JACET関西紀要』19号刊行(予定)
Publication of JACET Kansai Journal No. 19
2017年3月11日 第3回支部講演会・支部役員会@関西学院大学大阪梅田キャンパス(予定)
Kansai Chapter 3rd lecture meeting / Chapter Board Meeting, Kwansei Gakuin University, Osaka Umeda Campus
2016年11月26日 2016年度関西支部秋季大会・関西支部総会@関西外国語大学 中宮キャンパス(予定)
JACET Kansai Chapter Autumn Conference / Chapter Annual Meeting, Kansai Gaidai University, Nakamiya Campus
2016年11月1日 NL76号 刊行 (予定)
76号 / #76
2016年10月15日 第2回支部講演会・支部役員会@同志社大学 (予定)
Kansai Chapter 2nd lecture meeting / Chapter Board Meeting, Doshisha University, Karasuma Campus
2016年9月30日 『JACET Kansai Journal(JACET関西支部紀要)』19号投稿原稿締切
The deadline for submissions to JACET Kansai Journal No.19
2016年7月31日 NL75号 刊行 (予定)
75号 / #75
2016年7月9日 第1回支部講演会・支部役員会@神戸国際会館(予定)
Kansai Chapter 1st lecture meeting / Chapter Board Meeting, Kobe International House
2016年6月25日 2016年度関西支部春季大会@京都ノートルダム女子大学(予定)
JACET Kansai Chapter Spring Conference, Kyoto Notre Dame University
2016年5月21日 NL74号 刊行
74号 / #74
Copyright 2013 JACET Kansai Chapter. All rights reserved.